平成25年度 市町村類型(市)2-3 人口増減率 ランキング


決算カードに記載されている、住民基本台帳人口の人口増減率をランキング。
今年度の年度末(年度末は3月31日の日付になります)の日付と前年度の年度末の日付の人口で計算しています。
具体例として、平成22年度版の決算カードでは、現年度末は平成23年3月31日、前年度末は平成22年3月31日になります。
計算式は、(現年度末人口-前年度末人口)/現年度末人口*100で計算。東日本大震災後である、平成23年度の人口増減率を見ると、最も減少率が高いのが岩手県大槌町で20.605%の減となっています。
他、宮城県女那川町、岩手県陸前高田市、宮城県山元町、宮城県、南三陸町、福島県富岡町、岩手県山田町、福島県浪江町と東北地方沿岸部の減少率が高くなっています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


順位 都道府県 市区町村 市区町村類型 前年度末人口 現年度末人口 増減数 増減率 備考
1宮城県 名取市 2-373,165人74,740人1,575人2.107%
2大阪府 交野市 2-378,051人78,261人210人0.268%
3京都府 長岡京市 2-380,146人80,254人108人0.134%
4神奈川県 逗子市 2-360,271人60,258人-13人-0.021%
5北海道 登別市 2-350,985人50,889人-96人-0.188%
6大阪府 阪南市 2-357,546人57,435人-111人-0.193%
7福井県 敦賀市 2-368,423人68,268人-155人-0.227%志賀原子力発電所、もんじゅ
8宮城県 塩竈市 2-356,407人56,256人-151人-0.268%
9奈良県 桜井市 2-360,016人59,822人-194人-0.324%
10福岡県 田川市 2-350,317人50,113人-204人-0.407%
11奈良県 大和高田市 2-369,208人68,800人-408人-0.593%
12北海道 室蘭市 2-391,987人91,276人-711人-0.778%