平成24年度 市町村類型(市)3-0 人口増減率 ランキング


決算カードに記載されている、住民基本台帳人口の人口増減率をランキング。
今年度の年度末(年度末は3月31日の日付になります)の日付と前年度の年度末の日付の人口で計算しています。
具体例として、平成22年度版の決算カードでは、現年度末は平成23年3月31日、前年度末は平成22年3月31日になります。
計算式は、(現年度末人口-前年度末人口)/現年度末人口*100で計算。東日本大震災後である、平成23年度の人口増減率を見ると、最も減少率が高いのが岩手県大槌町で20.605%の減となっています。
他、宮城県女那川町、岩手県陸前高田市、宮城県山元町、宮城県、南三陸町、福島県富岡町、岩手県山田町、福島県浪江町と東北地方沿岸部の減少率が高くなっています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


順位 都道府県 市区町村 市区町村類型 前年度末人口 現年度末人口 増減数 増減率 備考
1愛知県 刈谷市 3-0142,354人146,787人4,433人3.020%
2静岡県 掛川市 3-0115,168人118,022人2,854人2.418%
3滋賀県 東近江市 3-0114,153人116,603人2,450人2.101%
4滋賀県 長浜市 3-0121,272人123,335人2,063人1.672%
5長野県 飯田市 3-0104,462人105,984人1,522人1.436%
6茨城県 古河市 3-0144,114人146,066人1,952人1.336%
7静岡県 富士宮市 3-0134,011人135,492人1,481人1.093%
8茨城県 筑西市 3-0109,185人110,188人1,003人0.910%
9静岡県 島田市 3-0101,271人101,693人422人0.414%
10岩手県 一関市 3-0127,531人126,957人-574人-0.452%
11岩手県 奥州市 3-0124,812人124,235人-577人-0.464%