全市区町村 入湯税の推移

全市区町村の入湯税が、年度別にどのように推移しているか、地方公共団体別にグラフ化。

全自治体の合計を見ると、 2006年をピークに減少傾向にあります。
2011年は東日本大震災の影響で激減し、2012年で持ち直しています。
2013年はアベノミクス効果で増加するかな?

全国平均と同じ動きをしているのが、 札幌市熱海市日光市伊東市渋川市草津町
有名温泉地をみると、比較的増減が少ないのが、 箱根町別府市 東日本大震災の影響をあまり受けていないのが、 加賀市 となっています。


下記の入湯税税関連データも参考にして下さい。
人気温泉地の入湯税 住民一人当たりの入湯税


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



北海道














































To TOP